top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

9/23,9/29 鍵盤ハーモニカ

更新日:2023年9月7日

鍵盤ハーモニカ

サックス

ピアノ


のトリオでピアソラを奏でます。




TRIO STAGE 2023 《 PIAZZOLLA 》



アルゼンチンのバンドネオン奏者ピアソラ1921-1992は、タンゴを元クラシックや

ジャズの要素を融合させ新しい演奏形態を生みだした革命家と呼ばれています。

しかし保守的なタンゴファンから「タンゴの破壊者」と罵られるほどで、

命を狙われることもあったとか。


(新しいことを始めようとすると叩かれるのはいつの時代でも同じですね)


それでも、より完成度の高い自分のタンゴを追求し続けたピアソラ。

バンドネオン、ヴァイオリン、ピアノ、コントラバス、エレキギターの五重奏団で

創作、演奏活動を続けました。


困難に屈することなく、新たなタンゴの世界を切り拓いたピアソラの音楽は

現在では世界中で愛されています。



 


9/23(土)/ Brass :札幌市中央区南5条西2丁目 オークラビル4階



① 開場 14:30

  開演 15:00

  チャージ 3,000円


② 開場 18:00

  開演 18:30

  チャージ 3,500円



※①、②共に1ドリンク付 


※未就学児入場OK!(ノーチャージです)



ご予約は出演者まで!




9/29(金)/ Pico ricci:札幌市北区あいの里1条3丁目17-15 011-790-6645



① 開場 11:30

  開演 13:00

  チャージ 2,000円


【満席】 開場 18:00

     開演 19:00

     チャージ 2,500円


※①、②共にお食事は通常通りお楽しみいただけます


※未就学児入場OK!(ノーチャージです)



ご予約は出演者、または

ピコリッチさま 011-790-6645 まで!



【 プログラム 】

 

 デカリシモ

 アディオスノニーノ

 リベルタンゴ  他


クラリネット ✕ サックス ✕ ピアノも2曲ほど演奏します




出演者


○二田浩衣(鍵盤ハーモニカ&クラリネット)


北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。 在学中、ノルウェーのグリーグ音楽院に留学。

卒業後渡仏。ベルサイユ音楽院、パリ・エコール・ノルマル音楽院を最優秀の成績で卒業。

日本演奏連盟主催により札幌コンサートホールkitaraにてソロ・リサイタル開催。札幌交響楽団と共演。

その後フォーカルジストニアという脳と神経伝達に異常をきたす病により2012年から活動休止、病と向き合いながら2022年に演奏を再開した。

クラリネットを渡部大三郎、武田忠善、三界秀実、故L.K.ブリニルドセン、P.キュペール、R.ギュイオの各氏に師事。

2021年から独学で始めた鍵盤ハーモニカは、ソロの他、吹奏楽との協演、アンサンブルなどで演奏会に多数出演、好評を博す。



○飛島明枝(サクソフォーン)


東海大学付属第四高等学校(現東海大学付属札幌高等学校)を経て北海道教育大学釧路校卒業。

第37回北海道教育大学釧路校音楽研究室定期演奏会にソリストとして出演。

サクソフォーンを永留淳也、田中靖人、木管楽器演奏法を故高鹿昶宏の各氏に師事。中学校教諭として音楽科、吹奏楽部の指導を勤めたのち、現在はソロ、アンサンブルの演奏活動のほか、北海道厚別高等学校音楽系列サクソフォーン非常勤講師、ライズ音楽院講師、その他道内各地において後進の指導にあたる。



○天野未香(ピアノ)


札幌市出身。

北海道教育大学釧路校卒業。第38回北海道教育大学釧路校音楽研究室定期演奏会にソリストとして出演。

ピアノを金澤美也乃、河原裕康、山下聡、深井尚子の各氏に師事。

現在はヤマハ音楽教室システム講師。




 

美味しいお料理、お酒とともに

鍵盤ハーモニカ、サックス、ピアノのハーモニーを

お楽しみくださいませ♪


この度は未就学児のお子さまもご入場いただけます。

幼稚園や小学生のお子さまがいらっしゃるお母様からは

「想像を超える演奏だった!」とご感想をいただきます♪

鍵盤ハーモニカの概念が変わると思います^ ^



ご興味のあるお子さまがいらっしゃいましたら、ぜひ一緒にいらしてください。

生の音を身近で感じられる機会です♪



ご来場をお待ちしております!

閲覧数:224回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page