top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

努力?

努力とは?

目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。

(Google先生による)



 


わたしは

努力していました(過去形)


そして、その努力は

人に分からないようにこっそりやるのが

美徳と思っていました


だから、

「あいつは大して練習(勉強)してないのに、なんでできるんだ?」

とよく言われていました

心の中では

「みんなが見てないところで練習(勉強)してるからだよ」と

思っていたかもだけど


見せないのがかっこいいと思っていたのと

もう一つは「ギャップ」を楽しんでいるわたしがいました



例えばさ

めっちゃガリ勉タイプの人がテストで良い点を取っても

誰もが納得するし、当たり前だと感じる


けれど、茶髪でスカートも短くて

いつも生活指導の先生に目をつけられているような生徒(わたし)が

クラスで一番を取ったりするとみんな驚くし

先生のテストを返すときの、あのなんとも言えない表情を見るのが

おもしろかった

「ギャルだから、勉強ができない」って思ってたでしょ?ふふふ

って思って心の中で笑ってた


イメージと現実のギャップ



その反応を楽しむ一方で

「先入観ってすごいな」

「人は人のほんの一部しか見ていないんだな」

「先生が生徒をそんな風にしか見られないのって怖いな」

と感じていた



 


「努力を人に見せない」


それが40代になっても変わらなくて

今となっては自動返信機能のように

「なにかやってるの?」と聞かれたら

「なにもやってないよ」と

答えている自分に気が付いた




だからなのかな

ことあるごとに

【ひろえちゃんだからでしょ】

と言われることが多いの



ありがたいことに♡

綺麗だとか、スタイルがいいとか

言っていただくことが結構あるのだけれど

「生まれつき」と言われると

いやいや、違いますから。笑

と突っ込みたくなる


やることはやってます




41歳で

ふたりの子どもを出産していて

なにもせずにこの体型は維持できないし

スキンケアも丁寧にやっている、と思う


自分に対して労うことも忘れないし

自分が心地よいと感じる時間をできる限り毎日取るようにしている

(心を整えることがどんなことよりも大事)



 


でね

「努力」っていうと冒頭に書いたように

’’心身を労してつとめること’’

つまり、苦労して頑張る

みたいなイメージがありませんか?


『今の』わたしの努力は、そうではありません




わたしは

「キラキラ、イキイキ、ニコニコの少女のようなわたし」

という自分を思い描いていて


「いくつになっても今のわたしが一番キレイ!と言えるわたしである」

と決めている


だからね

今のわたしがやっていることは

わたしを喜ばせること


苦労して必死になってるわけではなくて

自分の思い描いている未来にワクワクしながら

やっている


なのでもしかしたら「努力」という言葉じゃないかもしれないね?





なにもやってないわけじゃないし

生まれつきでもないけど

嫌々じゃないし

苦労もしてない(わたしは苦労だと思っていない)


だって自分のワクワクのためにやってることだから

楽しいよ♡




 

やることは同じでもさ

捉える視点で感じ方が随分と変わってくるよね

辛い思いをしながら自分に鞭打ってやるのか

気分の上がることを考えながらウキウキでやるのか


そして

その感じ方によって

結果も変わってくるからおもしろいものです



例え話だけど

痩せなきゃ!痩せなきゃ!って思ってると

なかなか痩せない、むしろ太る。


好きなものを好きなときに

自分が心地よいだけ食べるんだ♡

ってスタンスだと気付いたら痩せてた。みたいなね




心当たりありませんか?♡

あなたはどちらがお好みですか?♡


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page