top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

あなたとわたしの「相違」

なるほど!と心が軽くなったこと



人って

良いと思ったことしかしない(できない)んですって


question

どういうことかと言うと



人が自分に対して

もしくは他の誰かに対して

やっていること、言っていることを見て聞いて



「どうしてそんなことするんだろう?」

「どうしてそんなこと言うのだろう?」



そんな風に感じたこと

ありませんか?



 


わたしはあります。

あります、どころか、

割といつもそんな風に感じる出来事に

遭遇していました。



自分の価値感や信じているものと

違ったものを見たり聞いたりしたときに

そのように思ったりすると思うのですが




その人はそれが「良い」と思ってそうしているのです。

その人はそれが「良い」と思ってそう言っているのです。




「良い」と思っているものが同じ、もしくは近しい人もいれば

当然真逆の人もいる



それは価値感ですから

「良い」も「悪い」もないのです。



 


昔はよく

人の行動、言動に腹を立てることがありました。



なんでそんなことするの?!

なんでそんなこと言うの?!




でも、

その人はそれが「良い」と思って行動しているし、発言しているのです。




「良い」と思っていることが

あなたとわたしとでは「違う」


ただ、そういうことなんですね。




だから、その人は

わたしを怒らせようとしてその行為をしたわけではないし

(むしろ喜ばせようとしていたのかもしれない)


わたしを悲しませようとしてその言葉を言ったわけではないのです。

(正直な気持ちを伝えるほうが誠意があると思ったのかもしれない)



 


わたしは、この話

すごく気が楽になりました。



日常生活のやり取りにおいて

「悪意」なんてそんなにあるものではありません。


あなたとわたしの

単なる「相違」です。



そこで、「わたしが正しい!!」と強く主張したくなるのは

二元論で物事を見ているのかもしれません。



わたしが正しい = あなたが間違っている


それだと相手からすると

当たり前のように逆の意見になるので

結果的に喧嘩(戦争)になりますよね。




あなたもわたしも

みんな違ってみんないい


そんな穏やかな世界があってもいいかな

と願う今日この頃です。


blue sky

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page