top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

ー Hiroe Style ー 想い

更新日:2023年7月11日


オンラインサロンの内容一新しました!



なぜそういう経緯に至ったのか?

それを書いてから一番最後にわたしの想いを書いて既に公開していたのですが

まずは想いを知ってもらいたくて編集しました

↓↓↓


(経緯を知りたい方はその先読み進めてください^^)


 

【 今現在のわたしの想い 】


音楽家、演奏家のわたしが

それ以外のことを始めるっていうのは

すごく勇気のいることです


それをね、一つ一つ体現していくことが

わたしを生きる」ということかな、と思う



「生きる姿を表現していくこと」

それがわたしにとっても周りにとっても「ヒカリ」になると感じています

みんなが自分自身を表現することが「調和」になると感じています





去年の挑戦は

○クラリネットの演奏を再開すること

○クラリネット奏者でありながら、ピアノと鍵盤ハーモニカの演奏をすること(自分への許可を出すこと)


でした



今年の挑戦は

「音楽家」という枠から抜け出して「わたしの生き方、在り方」を表現すること


です



「“クラリネットの”二田浩衣」

いつもクラリネットという肩書きがつくことに違和感を感じていた、といつかの記事にも書きました。


(今振り返ると、それもわたしが選択していたということです。クラリネットに「依存」というか、「わたし」だけで存在する勇気や自信がなかったのです)




わたしは「二田浩衣」として生きたい


いつも〇〇をやっているひろえ、じゃなくて

ひろえが今日は〇〇をやっている(その時によって〇〇は変わる)ということ

「なにをやっている人か分からない」ってたまに耳にするけど

「二田浩衣」を精一杯生きることに、エネルギーがモリモリ湧いています♡


今はね、それが楽しい♪




わたしの近くにいてくれる人や

今現在関わりのある人って

わたしがクラリネットを吹いてるから

そばにいてくれてるわけじゃないと思うの



なにをやってるかは関係ない




「わたしがわたしを生きること」


それができる世の中になってきてる♡

個性が認められてきてるし

囚われから自由になることができる



*****



型にはめる必要なんてない

カテゴライズする必要もない

あなたはあなた

わたしはわたし


それをまずはわたしが表現することでみんなを巻き込んでいきたい♡




これは

「みんな行くよー!」っていう大勢を引っ張っていくリーダー的な先頭の姿ではなくて



あれ、気づいたらなんかわたし、ひろえの渦に巻き込まれていた笑

っていう人が一人ずつ増えていく♪

徐々に、徐々に、ね



わたしのイメージの中にある画はそんな感じです^ ^





【 自分を生きる人を増やしていきたい 】



自分を生きる = 自分を愛すること

だと思うの



だって、自分を生きられていないっていうことは、常識や世間の目に囚われている

っていうことじゃない?


わたしがそうだったよ

他人の目が怖くて仕方がなかった

他人に好かれようとばかりしてきた

故に自分を押し殺して生きてきたと思う





ひとりじゃ怖いことも

理解者が側にいたら「大丈夫」って思えることもあるでしょ?



わたしはそんな

仲間作りがしたい♡

みんながみんなの支えになって

みんながみんなを応援しあって

愛や喜びの輪ができあがる


想像してみて?

その「輪」って、サイコーじゃないですか♡




型に囚われない生き方

自分に許可を出すこと

自由に羽を広げること



そんな生き方への第一歩を

共にスタートしませんか^ ^


「今」です

今だからできること

「時は来たり」




わたしはなにをしていても

表現したいことや伝えたいことは同じです

その時によって方法が変わるだけ


それが少しずつ世界に伝わってきたから、演奏だけではなく講演会の依頼が

きたりしているんだと感じています


なにをしていても、わたしのエネルギーに変わりはないです(^^)




一度しかない「わたし」としての人生

目一杯生ききりましょう♡



 


【 サロン内容変更に至った経緯 】



オンラインサロンをリリースしてから

なぜだか気分が落ち気味な日が続いていました



この記事を書いているときは楽しい気持ちで、ワクワクもしていたのに

その後、気持ちが乗らない・・・



「なにかが、おかしい」



それから今日まで、ひたすら内省しました



6/15のトークコンサート札幌公演から始まり

愛知公演

そして、十勝岳登山と忙しい日が続いたので

さすがに疲れたかな、と

ぼーっとしたりお昼寝をしたり

お散歩したり好きなことをして過ごしました



大抵は一日好きなことをして過ごしたりすると

エネルギーも元の状態に戻るのだけれど、今回は違いました


モヤモヤが晴れない



「やっぱり、なにかがおかしい」



 


一旦振り出しに戻って


「なぜオンラインサロンをやるのか」

「なぜその内容なのか」

「なぜ今なのか」

「そもそもやりたいのか、やりたくないのか」


自分に問いかける




最初の記事にも書いたけれど

やるきっかけはお友達のひと言だったの

わたしのことが色々知りたいって



で、そう言ってくれる人が他にもいたから

じゃあやってみようかって思った



でもね、周りが求めていたとしても

自分の気持ちが乗らないことはやってもうまくいかない

これは何度も経験済み


「やる」と決めたのはわたしだし、作っているときは楽しかったけれど

そのエネルギーが続かなかったから、

きっとなにか引っかかる部分があるんだなと感じて、

自分への問いかけを続けた結果


気持ちが落ちていた原因はこれだった


*****


●LIVE配信は気が進まない


Instagram、Facebookで過去に何度もLIVE配信はしてきたからできなくはないんだけど、

めちゃくちゃ乗り気か?と問われるとNO

実はすごく緊張するの



●先頭に立って「みんな行くよ!」と引き連れていくタイプではない


わたしね、本来は2番手タイプなんです

だからね、ボスがいてくれた方が安心して自分の仕事を全うできる

もちろん状況によっては先頭に立つこともできるけれど、

無理して頑張っちゃうわたしがいる



 


次に、わたしが好きなことはなにかな、と深掘りしていくと



♥一対一の関わり


・あなただけを見てるよ

・あなたのことを考えてるよ

・あなたにしっかり向き合ってるよ


そういう特別な時間を味わえるのって

やっぱりマンツーマンの関わり


わたしはそういうのが好き


相手のことも

自分のことも

しっかりそこに「在る」と

感じることができるから



安心や信頼

深い繋がりを感じられることが心地よい




♥あなたのために奏でます


それがわたしのスタンス


昔からずっと心にある信念みたいなもの


「たった一人でもわたしの音が聴きたいという人がいれば

あなたのためだけに心を込めて演奏します」





ひとりでも


・あなたに出逢えてよかった

・あなたと一緒にいられてよかった


そんな風に感じてくれたのなら

こんなに嬉しいことはない



わたしは深いところで繋がりたいのだ

心と心のやり取りができたときにしあわせだなって感じる



*****



わたしの良さが一番伝わるのも

一対一の関わりだと思うの


わたしね、「スルメ」って言われるの

「噛めば噛むほど味が出る」ってw


実際に

「知れば知るほどひろえちゃんのことどんどん好きになる」ってよく言われる♡

これはちょっと自慢したい♡




どうして多くの人がわたしとの時間を共有したいと感じるのか、わたしと話せばわかると思う^ ^


(→みんなわたしのことが好きなの♡という頭の中がお花畑の人なわけではないよw

わたしをキライな人がいるのは当たり前で、そういう人がいるからこそこんなに好きになってくれる人がいる、ということです^ ^)




ということで、サロンの内容変更です!

マンツーマンのみにしました→もはやサロンではないw

(既に申し込んでくださってた方、ごめんね、ありがとうね♡)



 



♥ 月1回の二人時間


30,000円


一回60分 個別ZOOM ✕ 3回



♥ 月2回の二人時間


55,000円  


一回60分 個別ZOOM ✕ 6回



○2023年下半期の企画です。12/31まで

○日程・ペースは相談して決めましょう

○内容はなんでもOK(相談、雑談、傾聴、アドバイス etc. )

◯もし「演奏が聴きたい」というご要望があればあなたのために演奏します♪

○「こんなことお願いしてもいいかな?」ってことがあれば、まず言ってみてください。笑

 意外とすんなりいいよーと言うかもしれません。笑

◯基本ZOOMですが対面希望であればお知らせください。




●お申込みはこちらから



フォーム投稿完了後、自動返信メールが届きますのでそちらから手続きを行ってください。

もし自動返信メールが届かない場合は「迷惑メールフォルダ」をご確認ください。

それでも届いてない場合はわたしにご連絡をお願いします。



 







閲覧数:249回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SOLD OUT

Kommentare


bottom of page