top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

2023.05.23北海道新聞掲載

北海道新聞さっぽろ10区(トーク)に

掲載されました!



すごく大きな記事にしていただいて

感謝の気持ちでいっぱいです♡



今は新聞を取っている人も

減っているようですが

「見たよ!」と声をかけてくださる方が結構いて

嬉しい限りです。



ありがとうございます^^





 


ひとつ前の投稿で

「どんなわたしも、わたしの一部」という内容を書いたのですが


今回のこの写真を見て

「実物の方がずっとかわいいよ!」と言ってくれたお友達がいたんですね

(そんな風に言ってくれてありがとう♡)


確かにわたしも

「ん?」って思った気持ちは正直ありまして。笑

そう思っていたときに、お友達からも言われたので

「えー!やっぱりー!」って思って

若干落ち込んだんです。



でも、その落ち込んだ気分が嫌だったので

一旦この記事のことは置いておいて

自分の好きなコーヒーを淹れて 好きな人のYouTube見たり

好きなことをして過ごしたんです そしたらね、20分後くらいには 「ま、ブサイクのわたしもかわいいからいいか♪」 って思えていたんです。笑 そう思った自分に対して 「あぁ、わたしはもう、なにがあっても大丈夫だ」って

そんな安心感、安堵感に包まれました



 


嫌なことが起きないようにするんじゃなくて

起きた時にどう自分で転換するか

どう楽しんでいくか


自分の概念が変わったときに

現実も変わります


でも起きていることって実は変わっていなくて

自分の捉え方、感じ方が変わっているから

現実も変わったように感じてるんですね



例えばわたしの病気


治っていないけれど

わたしは今楽しい毎日を送っているし

人生諦めなくてよかったな、って

今もこの身体があることに感謝しています

「幸せだな」って感じています



毎日毎日気づきがあって

本当に豊かだなって感じる今日この頃です♡


この「豊かさ」を感じられるようになったことが

病気がもたらしてくれた「GIFT」なんじゃないかな

と、最近は思っています。

閲覧数:138回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page