top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

心がかき乱される

更新日:2023年3月30日

怒りや悲しみで

心が乱れることってありますか?


わたし、以前は結構あったんです

それが「自分を知る」を始めてから(ここ2~3年)

ほぼなくなっていました



ですが

先日久々にありました

そんな出来事が


涙が出るほど落ちたんですけど

今はもう大丈夫^ ^


絶望から復活までわたしがしたことを

書きます


なにかが起きた時に

どんな風に対応するか

というわたしのマニュアルみたいなものです^ ^



 


例えば

「上司や同僚、友達にひどいことを言われた」

そんな設定で進めますね


相手の言ってることが納得できないし

わたしをよく知らないのに決めつけたような言い方。。。

心外です(´ー`)



最初は怒りの感情で一杯になりました

頭に血が上っている感覚


ザワザワが止まらなくて

心臓もバクバクして

とりあえず感情を外に出すために

ノートに書き殴る



【ポイント1】

湧いてくるものを

とにかくそのまま書き出すこと




わたしは以前これが苦手でした

というのも

「こんな酷い感情を抱くわたしって、サイテー!」

と、さらに追い打ちをかけるように自己否定しちゃってたんです


ネガティブな感情を見たくなかったし

自分の中にそんな真っ黒な感情があることを

認めたくなかったのです



でも、いいの。いいんです

感情にポジティブもネガティブもないし

自分の中から出てくる言葉を

そのまま出したらいいの

人に見せるものじゃないから


ここがまず第一段階



 


これをしばらくやっていると

言葉もだんだん出てこなくなります

完全に出てこなくなるまで出し切ってね

その頃には怒りの感情も収まっているはず



次に

どうしてそんなに怒りが出てきたのかを見ていく


怒りは二次感情で

最初に感じたのは他の感情(一次感情)

わたしの場合は

「悲しい、寂しい、不安」でした


ここが分かったら

この「悲しい、寂しい、不安」という感情に

とことん寄り添う


「そっかーそうだよね

そんな風に言われて悲しかったよね」


みたいな感じで

親友が隣で落ち込んでいるのを

よしよししながら慰めるように

優しく穏やかに受け止める



【ポイント2】

どんなに時間がかかってもいいから

今の感情をとことん感じ切ること




わたしは「今日一日この感情を味わい尽くそう」と決めました

思考よりも感情を大切にします



「早く元気にならなきゃ!(義務感)」とか

「相手はもしかして傷つけるつもりで言ったんじゃないかも?(答えの出ない想像)」とか

そういうのは全く必要ないです


ただただ自分の感情を見て、気づいて、認めて、受け止める

これが復活への一番の近道です



これが第二段階



 


一次感情も味わい切ると

素直な自分が戻ってきます

自分の気持ちを受け止めてもらえたから

落ち着いてるし安心している状態



すると

色んな気づきが出てきます

そして

感謝の気持ちも湧いてきます

(感謝は内から溢れてくるもの)


ここまで来たら

心は優しく温かく

本来の自分に還ってる

枯渇したエネルギーも元に戻っていることを感じられる



 


起きることに無駄なことなんてなにもないです

すべて自分を知るために起きていること

自分の成長のためです


そう考えたら

仮に自分にとって嫌なことが起きたとしても

そこに有難いなって気持ちが出てきませんか^ ^



わたしは今回のことを振り返り

「人生の彩」と感じました♡




閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書く

Comments


bottom of page