top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

できる=価値がある?

「できない自分には価値がない」



いつからこんな風に思うようになったのだろう

クラリネットをやってから?

それよりもっと前?

ピアノを弾き始めてから?



【わたしは“できない”ということを受け入れられない】



これがさ

しつこいくらいに

何度でもやってくる



なんでもできるように求められて育ったし

国語だって算数だって、音楽はもちろん体育も家庭科も

全教科平均点以上が当たり前

部活だって習い事だって

いつだってちゃんとやるように言われてきた

人よりできること

一番であること

完璧であること


そんな圧力に

きっと辛い思いもしていたのだろうけど

わたしは母を喜ばせたくて

ただひたすら頑張った


でもきっと彼女を満足させられることはなかっただろう




 


そんなわたしは

「できる、できない」が「自分の価値」とがっちり結びついてしまっている



できると価値があり

できないと価値がない




辛い

それは辛いな





だからね、わたしはこの考え方を変えたいと思っているの


できないことがあってもいいよね


でも、できるようになりたいっていう気持ちもあるよね


「どっちもある」

どっちの気持ちも認めてあげて

統合していくことで

できない自分には価値がない

っていう思い込みから抜けられるんじゃないかと思って



忘れないように

こうしてブログに書いておく

半年後、どんなわたしになっているだろうか



 


最近ね、結構厳しいことを言ってくれる人や

わたしはできないんだ、知らないんだっていうことを

わたしに見せてくれる人がいて


ガツーンってくるんだけど、その時は。

でもね、そのおかげで

ものすごく大切なことに気付いたりしてるの



核心をついた言葉を伝えてくれたり

分からないわたしに根気強く優しく、時に厳しく伝えてくれたり

本当に貴重な存在


ありがとう。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SOLD OUT

Comments


bottom of page