top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

一緒にいたい

更新日:2022年4月27日

つい最近のお話なんだけど



【そうだ、クラリネット持っていこう】って

突然思い立ってね


お友達のおうちに持って行ったの




 


あのね

例えばこれから出かける先が

もしかしたら吹けるかもしれないって思うところだったら

(場所とか人とか環境とか状況とか、諸々考えて)


持って行くようになったの





きっかけは先日

お料理仲間数人で集まってランチ会をしたとき

「時間があったら、みんなに聴いてもらいたいな」って

「ごはんのお礼に、一曲演奏したいな」って思ったの



集まったお宅はマンションだったから

もしかしたら演奏とか禁止かもしれないし

時間もないかもしれないんだけど

とりあえずわたしは楽器を持って行ったの



結局その日は、時間がなくて吹けずじまいだったんだけど



でもなんか、そんな行動をした自分が

嬉しくて



 




でね、今日また別のお料理関係の集まりがあって

楽器を持って行ったの


前回はみんなお友達だったけど

今回は初めましての方もいて

それでも気にせず持って行った


そして今日は実際に吹いたの




みんなすごい喜んでくれて


始まる前の

「聴きたーい!!」っていうキラキラした目


終わった後の

「すごいよかったー!!」っていうウルウルした目



嬉しかったなぁ




 


これさ、もし普通のプレイヤーの方が読んでいたら

「なに言ってんの、この人?」

ってくらいの話だと思うんだけどね笑



わたしにとっては

記事に残しておきたいってくらい

心に残る出来事なんだよね






元々、わたしはそういう場で

演奏する人じゃなかった


「演奏が聴きたい」と言われたら

「○月○日に○○で演奏するから、よかったら来てね♪」

ってチラシを渡していた



なんでかっていうと

理由は色々あるんだけど・・・

ひとつとしては

クラリネットって一つの音しか一度に出せないから

ピアノみたいに10本の指で10個の音を同時に出せるわけじゃないから



クラリネットとピアノ伴奏はいつもセットで

それで完成形って思っていたの

だから、クラリネットだけで聴いたってつまんないよねって

ずーーーーーーーーーーーっと思っていた

(今でも思っているところはある)




迫力もないし

何調かも分かりづらいし

和音がないって結構しんどいなぁって思っていたから(聴いてる人がね)



ピアノにめちゃくちゃ頼っていたんだと思うな

わたし一人で人を魅了するチカラはないって心のどこかで感じていたのかな

つまりは自信がなかったんだろうなぁ




 


それが、今となっては

「楽器持ってきたよ~♪」って言って

一人で吹いちゃうって

すごくない??

過去より今の方が断然ミスする可能性と回数は多いにも関わらず

ニコニコしながら吹いちゃうわたしって、なんだろ??笑





このわたしの中の変化を

体感はしているんだけど

言葉にはなかなかできなくて


どういう変化なんでしょう^ ^



というわけで

わたしの中でなにかが変わったようです^ ^



これからお会いする方

「聴きたい!」って

声かけてください

喜んで魂の音を

表現させていただきます♪




[聴いてるあなたの心に響いた]

と感じられるとき


わたしは大きな喜びを

全身で受け取るんだ♡

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page