top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

抱きしめたい

来月にディナーショーが迫って

いろんな想いと向き合いながら

クラリネットとたいわする日々




これまでだったら

「不安」とか「恐怖」とか

そんなもの絶対人に見せることはなかった

(『そんなもの』と表現している自体・・笑)


特に音楽に関しては

師匠の前では弱気な自分は見せてはいたけれど

それ以外の人の前では絶対と言っていいほど

弱い部分は出してこなかった


それだけ「弱い自分」を「ダメな自分」って思っていたって

ことなのかな




 


プロとして

そんな弱みは見せちゃいけないって

思っていたんだろうな


なにせ、完璧でない自分には

「一切価値はない」って

思っていたんだから




なんで病気になったんだろう?って

なんで、なんで、なんで、ばっかりだったんだけど


最近やっと

過去も認められるようになってきた




無理矢理いい方に意味づけしているのではなくて

「その経験も必要だった」って思えるようになってきた




 



クラリネットに触れる時間が増えてね

毎日触れていることもあって



○それが、10年前は「義務」で触ってた

「それでお金もらってるんだから、毎日練習するのがお前の仕事だろ」

って人に言われていた


○病気になってからは「治すためには毎日触った方がいい」と

それも人に言われていた

けれど、触りたくなかった

頭も身体も心もクラリネットを拒否していた


○今は、少しでも吹けることが嬉しくて

一瞬でも楽しいなって感じられることが幸せで

今日のわたしとクラリネットはどんな感じかな?って

挨拶するみたいに、気軽な感じで触れている

人に言われたからじゃない

わたしが触りたいから触ってる




ここがめちゃくちゃ大事

自分の気持ちに従う」ってこと


わたしの場合はすぐに思考が出てくるから

直感で感じたことが全て

と言っても過言ではないくらい

めちゃ大事




 


わたしが一番嬉しいのはね

クラリネットが好きって感じていること

クラリネットを演奏することが

なんて気持ちのいいことなんだろうって

感じていること


憎くて見たくもないと思っていた

クラリネットに

愛おしさを感じていること


なによりも、

もう一度クラリネットに向き合おうと決めた自分に

ありがとうの気持ちが溢れていること





こんな気持ちになれたことが

わたしはすごく幸せなんだよ


自分で自分を

ぎゅーって抱きしめてあげたい♡




どれだけ自分の気持ちを無視してきたのかな

どれだけ自分の身体の悲鳴を無視してきたのかな

どれだけ自分を大事にしてこなかったのかな



自分を大切にする

っていうことがだんだんと分かってきたら

過去はとんでもなくスパルタでした!



当時はそれが良しとして生きていたんだけれど、ね(^^)










閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page