top of page
  • 執筆者の写真Hiroe

自信、ある?

自信とは

自分の価値、能力を信じること。自己を信頼する心。



あなたは

自信がありますか?




 


わたしは

基本的にはないと思っていました


でも自信があると思っているところもありました

例えば

「こんなに練習したんだから、大丈夫」

「こんなに勉強したんだから、大丈夫」

「これだけ努力したんだから、大丈夫」


これが自信だと思っていました




今のわたしが思う自信ってこれとは少し違っていて


「なんにもなくても、ありのままのわたしに大丈夫って言えること」なのかなって




 


「言うこと聞かないなら、もう遊びにつれて行かないよ」

「それくれないんだったら、これもあげないよ」

「これ買ってあげるから、お願い言うこと聞いて」


このような類いの会話を耳にするたびに

ものすごくザワザワする

ザワザワどころか、嫌悪感を抱いているわたしがいる



インナーチャイルドが騒いでいるんだなとずっと思っていたんだけれど

それだけではなくて わたしがわたしに対して なにかにつけて条件付けをしているからなんじゃないかと気がついた ○○をしたら許してもらえる

○○をしたら受け止めてもらえる ○○をしたら認めてもらえる ○○をしたら褒めてもらえる ○○をしたら愛してもらえる



自分がされてきてイヤだったことを まさかわたしがわたしにやっていたのか だからわたしの周りの人が そういう条件付きの会話を見せてくれるんだなと 感じました

 

赤ちゃんが生まれたとき

なんてかわいいのだろうって思った


朝も夜も関係なく眠っている

起きたと思ったら泣いている

おなかが空いた、お尻が気持ちわるい、抱っこして

小さな小さなからだで精一杯表現している


その存在が愛おしくて仕方がなかった

この子の呼吸を感じるたびに

ここにいてくれるだけでいい

なんて素晴らしくて尊い存在なんだろう

と日々感じていた



それは赤ちゃんであっても大人であっても

変わらないはずなのに

いつからなんだろう

何かができなければ愛されない

と思ってしまったのは


条件付きになってしまったのは




 

わたしがこんなに練習したのは

わたしがこんなに勉強したのは

わたしがこんなに努力したのは


ただ「楽しい」っていう気持ちだけではなかった



どこかに不安や期待が常にあったんだ




そこに気がつけてよかった

これからはこれまでとは違った

練習、勉強、努力ができる



たとえ100点じゃなくても

ボロが出たとしても

わたしは大丈夫」って

信じることができる




わたしがわたしを

許して、受け止めて、認めて、褒めて、愛していたら

最強だよね


きっと子どもの頃はできていたはずなのに

いつからできなくなっちゃったのかな


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SOLD OUT

Kommentarer


bottom of page